自己紹介

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
   
     DNA修復学研究室 

           -ゲノム損傷応答分野-

 傷ついたDNAはどうやって治るのか?! 
 DNAを正確に復元する力「DNA修復」
 の謎
を解き明かす!


実は、人の体の中にあるDNAは、毎日たくさん傷ついています。
しかし人は、その傷ついたDNAを正確に復元する力「DNA修復」という能力を持っています。
 私たちの研究室では DNA修復を一つの学問として捉え、その仕組みを解明し、様々な医療へと応用することで、人類の健康増進に貢献することを目指しています。



人の体の設計図であるDNAをきちんと治せるかどうかは、当然、人の体全体に影響を与えることから、私たちはその反応系を詳しく知る必要があります。

私たちは、細胞がどのようにして最適なDNA修復経路を選択し、ゲノムを安定に維持しているかを解明しようとしています。私たちは生命の神秘を追求しつつ、がん治療時に発生するDNA修復反応が、がん治療効果にどのような影響を与えるかについて研究を行っています。例えば、がん治療における放射線治療やシスプラチン等の化学療法は、DNAを傷つけることによってがん細胞を殺します。つまりここでは、“がん治療時に起こるDNAの傷”がどのように修復されるか、又はされないかを明らかにすることで、がん治療に貢献出来ると考えます。また、超高解像度顕微鏡を含めた新しい技術を駆使することで、これまでの技術では見ることが出来なかった“生きた細胞でのDNA修復の可視化”に挑戦しています。

生命維持の根幹である「DNA修復」を解明することで、がん治療を含めた様々な医療の発展に繋がることを信じて、私たちは日々研究に励んでいます。



DNA修復研究室では

卒研生・大学院生・研究生・博士研究員を募集しています!

生命の謎を研究してみたい、

基礎医学を通じて医療に貢献したい、

この世界の科学(サイエンス)を発展させたい、

わたしたちの研究に興味のある方は、ぜひご連絡下さい。

 

*群馬大学で大学院に入学する場合、群馬大学医学系研究科医科学専攻(博士課程)と生命医科学専攻(修士課程)に入学することになります。

入試要項に関してはこちらをご参照下さい。

医科学専攻(博士課程)
生命医科学専攻(修士課程)

大学院の入学を希望される方は、柴田研究室までメールにてお気軽にお問い合わせください。
入試、入学後の研究内容、また卒業後の進路などについて、ご説明をさせて頂きます。

問い合わせ先:柴田淳史 shibata.at@gunma-u.ac.jp



研究テーマ:
1.DNA二本鎖切断修復経路の研究
2.超高解像度顕微鏡によるDNA損傷可視化の研究
3.がん免疫治療に繋がるDNA修復応答シグナルの研究

キーワード:
1.DNA修復、DNA二本鎖切断、DNA修復経路選択性、転写共役修復、突然変異、DNA修復操作薬開発
2.蛍光イメージング解析、超高解像度蛍光顕微鏡、3D-SIM、AI画像解析
3.抗PD-1治療、PD-L1発現調節、がん治療前予測、放射線治療、重粒子線治療、化学療法剤、低酸素

新着情報 News!!

●2020.9.23
[NEW!! ]
医学のあゆみ274巻12号「多様な疾患の原因となるDNA損傷応答不全」が出版されました。
柴田が執筆した「がん治療に伴うDNA損傷修復とシグナル伝達 ~DNA二本鎖切断の修復機構から免疫応答まで~」 も掲載されております。この度、執筆の機会をいただきました中西真先生に心より感謝申し上げます。 (Facebookはこちら)
https://www.ishiyaku.co.jp/magazines/ayumi/


●2020.9.19
[NEW!! ]
国内学会および国際学会情報をアップデートしました!!

●2020.9.9
サンジータさん、佐藤浩央先生らと共同執筆した総説が、Frontiers in Molecular Biosciences 誌に掲載されました。DNA修復遺伝子の変異と、がん治療標的となるネオアンチゲンとの関連性を中心に議論しています。ぜひご一読ください。(Facebookはこちら)
*柴田と佐藤先生がcorresponding author 
https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fmolb.2020.00205/full


●2020.8.27
京都大学・勝木陽子先生(高田研究室)を筆頭著者とし、京都大学・高田穣先生、サセックス大学・Jeggo教授と共同執筆した総説が、Genome Instability & Diseaseに掲載されました。柴田研究室のDSB修復だけではなく、高田研究室で行っているDNA 鎖間架橋(ICL)*から起こるDNA end resectionについても解説していますので、ぜひご一読ください(Facebookはこちら)
https://link.springer.com/article/10.1007/s42764-020-00017-8
京都大学・高田研究室 
http://www.rbc.kyoto-u.ac.jp/category/late-effect
*化学療法剤であるマイトマイシンCなどで生じるDNA損傷 

●2020.8.24
8月3日に佐藤くんがラボに来てくれて、みんなからのメッセージカードとプレゼントを渡しました。柴田ラボでのお仕事お疲れ様でした! (Facebookはこちら)

●2020.8.17
DNA二本鎖切断修復のDSB end resectionに対するDNA-PKと53BP1の役割を解説した総説がJRR誌に掲載されました。 (Facebookはこちら)
https://academic.oup.com/jrr/advance-article/doi/10.1093/jrr/rraa053/5890502

●2020.5.26
放医研・中島菜花子先生の論文「RNF8 promotes high linear energy transfer carbon-ion-induced DNA double-stranded break repair in serum-starved human cells」がDNA Repair誌に掲載されました。
中島先生、おめでとうございます!*柴田がco-corresponding author  (Facebookはこちら)
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1568786420301208  


●2020.5.7
2020年2月5日に行われた英国サセックス大学Penny Jeggo教授による放射線基礎医学教育シンポジウム( 放射線影響学会 支援)の講義動画をアップしました。(Facebookはこちら)
動画視聴はこちらをクリック→
http://shibatalab.com/1802

●2020.4.17
柴田ラボに新メンバー、内原脩貴先生(博士研究員)、関口康代さん(技術補佐員)が加わりました。(Facebookはこちら)

●2020.4.15
3月25日に、サンジータさんと吉松くんの送別会をしました。(Facebookはこちら)
*コロナウイルス感染防止のため、食事会は無しにして、十分な間隔を空け、挨拶とプレゼントの贈呈をしました。

●2020.4.10
柴田が公益財団法人放射線影響協会の令和元年度放射線影響研究奨励賞を受賞しました。
この賞は、放射線の生物及び環境への影響、放射線の医学的利用の基礎並びに放射線障害の防止など、放射線科学研究の分野において活発な研究活動を行い将来性のある若手研究者に対して授与されるものです。今回の賞は、「放射線誘発DNA二本鎖切断に対する修復経路選択機構の研究」の研究実績が認められたものです。
(詳細はリンクのp.5, p.10-p.14をご覧下さい)(未来先端HP (Facebookはこちら)
 
●2020.2.26
茨城大学で開催された、茨城大学理学部公開シンポジウム ・ 第 13 回 Quantum Medicine 研究会「がん放射線治療に関わる基礎研究:臨床との架け橋をめざして」 に参加し、柴田が講演を行いました。
タイトル「放射線照射により惹起される免疫制御系リガンド発現制御機構」
田内 広 先生、この度はお招きいただき誠に有難うございました。(Facebookはこちら)

●2020.2.19
柴田研究室にX線照射装置(MX-160Labo)を導入しました!Facebookはこちら)

●2020.2.14
放射線基礎医学教育シンポジウム( 放射線影響学会 支援)を群馬大学にて開催しました。放射線照射によって生じるDNA損傷修復の基本について、Penny A. Jeggo教授に講義していただきました。本講義内容は動画撮影をしていて、後日、放射線影響学会の学会員の方々を中心に視聴可能にする予定です。(Facebookはこちら)

●2020.2.13
2020年2月3-4日、柴田がオーガナイザーとなり開催した、第8回 群馬大学・未来先端研究機構~基礎医学のシンフォニー~が盛況のうちに幕を閉じることができました。
 この度はご発表を快諾いただきました招待講演の先生方、ご参加いただいた多くの先生方に、心より御礼申し上げます。またこの度はこのような大規模の国際シンポジウムを開催する機会をいただき、本学学長・平塚浩士先生 、未来先端研究機構長・窪田健二先生に心より感謝申し上げます。(Facebookはこちら)
シンポジウムのプログラム、ポスターはこちらからご覧になれます。

●2020.1.21
サンジータさんが学位審査をすべてA評価で通過したので、ラボメンバーでお祝いしました。
サンジータさん、おめでとうございます。
ケーキを食べながら、思い出話や今後の展望について話しました。(Facebookはこちら)


●2020.1.8
年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年は、1)DNA修復経路選択の研究(特に、転写共役型DNA修復と53BP1の動態解析)、2)DNA損傷に伴う統合的免疫応答(特に、PD-L1とHLA発現)を軸に研究を進めていこうと思っています。
また、柴田ラボ忘年会の時の様子をアップしました。(Facebookはこちら)  

●2019.12.11
第42回日本分子生物学会年会 ワークショップにて「多様なDNA損傷応答機構のトランスアクション ーゲノム不安定性の病態解明と治療応用」を、首都大学・廣田耕志先生と柴田が開催しました。(当日は廣田先生がご欠席のため、阿部拓也先生に代理で座長をサポートしていただきました)
本講演をお引き受けいただいた演者の先生方、誠に有難うございました。(Facebookはこちら)

●2019.11.26
日本放射線影響学会 第62回大会ワークショップにて「放射線生命応答の統合的理解に向けたDNA二本鎖切断 修復研究の新展開」を、京都大学・笹沼博之先生と柴田が座長で開催しました。本講演をお引き受けいただいた演者の先生方、誠に有難うございました。(Facebookはこちら)

●2019.11.19
中国の深センで開催された第10回 International Symposium on DNA Damage Response & Human Disease (isDDRHD)に参加し、柴田がシンポジウム講演を行いました。
タイトル「 RAP80 suppresses deleterious repair of double-strand break in transcribed genome
Xavier Xu先生、Zhao-Qi Wang先生、この度はお招きいただき誠に有難うございました。
(Facebookはこちら) 


●2019.10.30
未来先端・国際シンポジウムのご案内 2020年2月3日(月)~4日(火)
柴田が座長を務める「DNA damage response」のセッションでは、Lee Zou, Jessica Downs, 高橋暁子先生、柴田が講演を行います(詳細はこちらをクリック)。


●2019.10.29
日本核酸医薬学会生物セッション第4回サテライトシンポジウム 
~遺伝子修復機構を知り、核酸医薬による新しい創薬モダリティを考える~ に参加し、「 DNA二本鎖切断修復経路の決定メカニズム 」というタイトルで柴田が招待講演を行いました。この度、発表の機会をいただきましたこと、 山吉麻子先生、程久美子先生、小寺淳先生、誠に感謝申し上げます。 (Facebookはこちら) 


●2019.10.17
大学院博士課程4年生、サンジータさんの論文がOncology Reports誌に掲載されました。サンジータさんからの初稿が上がってきたのが2018年7月、別雑誌への初投稿が2019年2月、Oncology Reportsへの初投稿が2019年3月、7月-8月に3回のrebuttal letter送付。大学院生として論文掲載までの大変さが実感できたので良い経験になったかと思います。何はともあれ、おめでとうございます。 (Facebookはこちら)
p53 deficiency augments nucleolar instability after ionizing irradiation
Kakoti et al., Oncology Reports, 2019
http://www.spandidos-publications.com/confirmCorrespondingEmail?transactionId=3078312e36643732356235386637336334703430


●2019.10.8
インドネシア大学・Cipto Mangunkusumo総合病院で行われたIROS Annual Scientific Meetingに招待され、“Pursuing High-Quality Radiobiology & Radiation Oncology in Indonesia: from basics – clinics – publication”において、講演とグループディスカッションを行ってきました。今年から3年間のプログラムで、インドネシア大学の腫瘍放射線講座の研究をサポートします。 (Facebookはこちら)

●2019.10.7
柴田と佐藤浩央先生が中心となり共同執筆した総説がCancer Scienceに掲載されました。DNA損傷後に応答するPD-L1発現調節機構について、最新の知見をまとめた総説です。ぜひご一読ください。
タイトルは「Regulation of programmed death‐ligand 1 expression in response to DNA damage in cancer cells: Implications for precision medicine」
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/cas.14197
 (Facebookはこちら)

●2019.10.2
技術補佐員の小見さんが9月末で柴田ラボを退職いたしました。2013年からはテニュアトラック共通の技術補佐員として、2015年以降は柴田ラボメンバーとして、長きにわたり柴田ラボの研究に貢献していただきました。送別会の様子はFacebookをご覧ください。  (Facebookはこちら)

●2019.10.1
第78回日本癌学会学術総会に参加し、シンポジウム「発がん微小環境におけるDNA修復欠損の役割」において、「Regulation of DSB repair pathway choice and its downstream signaling」 というタイトルで柴田が招待講演を行いました。
この度、シンポジウムにおいて発表の機会をいただきましたこと、畠山 昌則先生、中西 真先生、誠に感謝申し上げます。 (Facebookはこちら)


●2019.9.19
第13回群大Genome Damage Discussion Group公開セミナー・未来先端研究機構公開セミナー(柴田が世話人)を開催し、東京理科大学 生命医科学研究所の櫻井雅之先生に講演していただきました。演題タイトル「ヒト内在性核酸塩基編集酵素によるR-loop制御機構」 (Facebookはこちら)


櫻井ラボのホームページ
https://www.ribs.tus.ac.jp/…/institute/labforres/sakurailab/


●2019.9.9
先日行われた、ラボ納涼会の様子をFacebookにアップしました。 (Facebookはこちら)

●2019.9.2
イギリス・マンチェスターで開催されたICRR 2019(訳:国際放射線研究会議)にて、
演題1「Regulation of DNA damage signalling-dependent PD-L1 expression in cancer cells」
演題2「Regulation of transcription-associated end-joining mediated by MRE11, BRCA1, Polθ and LIG1/3」のそれぞれのタイトルで、柴田が2演題を口頭発表をしてきました。(Facebookはこちら)

●2019.7.31
柴田研究室の共同研究者である長崎大学(山内基弘先生)を訪問し、放射線災害・医科学研究拠点の研究推進に関わる、DNA二本鎖切断修復経路の研究・DNA損傷誘導型免疫制御機構のプロジェクトについてディスカッションを行いました。山内先生、有難うございました。(Facebookはこちら)

●2019.7.5
HPをアップデートしました。(Facebookはこちら)
スライドショーの集合写真、柴田研究室の研究概要が新しくなりました。
※PCサイトで修正が反映されない場合はキーボードのコントロールボタンを押しながらF5ボタンを押して更新してください。 

●2019.7.2
佐藤さん(佐藤浩央先生)が2017年11月にNature Communications発表後、数々の賞を受賞され、柴田研究室のサポートメンバーへ「お礼の会」を開催し、みんなにケーキを振る舞ってくれました。ご馳走さまでした!(Facebookはこちら)

●2019.7.1
柴田ラボが所属する群馬大学・未来先端研究機構のHPが新しくなりました。
群馬大学・未来先端研究機構(メインページ)(各ラボラトリーの紹介

●2019.6.28
東京大学で行われた低線量リスク委員会(日本保健物理学会と日本放射線影響学会の合同委員会)主催ワークショップ「低線量リスクに関するコンセンサスと課題の明確化」に参加しました。Facebookはこちら)

●2019.6.19
Memberをアップデートしました。(Facebookはこちら)

●2019.4.19
群馬県伊香保の温泉地にて行われた、第8回DNA損傷応答ワークショップに参加し、「転写共役型DNA二本鎖切断修復経路の分子機構」というタイトルで発表を行いました。(Facebookはこちら)

●2019.4.18
飯野さんと高島さんが、秘書として柴田ラボのメンバーに加わりました。
一緒に頑張っていきましょう。(Facebookはこちら)

●2019.4.12
3月末に放射線科のボビーさんの送別会を行いました。学位取得おめでとうございます。
また、3年間日本での大学院生生活お疲れ様でした。(Facebookはこちら)


●2019.4.8
秘書の中西さんが3月末で柴田ラボを退職しました。
ラボ立ち上げ時からの多大な貢献、有難うございました。
送別会の様子はFacebookをご覧ください。 (Facebookはこちら)

●2019.4.5
英国雑誌「Impact」に、安原先生と柴田の共同研究成果がインタビュー形式で取り上げられました。世界中の大学、研究機関、政府、民間、等々の関係者に配布される英国の雑誌「Impact」で、昨年Cell誌に掲載された研究内容を中心とした記事になっています。(Facebookはこちら)
https://www.ingentaconnect.com/content/sil/impact/2019/00002019/00000003/art00019?crawler=true&mimetype=application/pdf


●2019.4.4
柴田ラボではポスドク1名を募集しています。
詳細は下記のリンクを参照してください。
平成31年4月1日以降~平成32年3月31日(年度更新)
2019年03月25日 ~ 2019年04月15日 必着
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail…
*もし4月15日までに書類が間に合わない場合は、直接メールにて柴田にご連絡ください。
Facebookはこちら)

●2019.4.1
柴田の所属が群馬大学・未来先端研究機構に変わりました。
未来先端研究機構は基礎研究に重点をおいた組織です。私たちが行っているDNA修復研究の成果を高いレベルで数多く発信できるよう、これからも尽力していきたいと思います。(Facebookはこちら)


2018年度のNEWSはこちら

2017年度のNEWSはこちら

2016年度のNEWSはこちら

2015年度のNEWSはこちら


2014年度のNEWSはこちら