自己紹介

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

柴田研究室は2013年3月からスタートした
DNA修復を研究するラボです。


私たちの研究室では人体のあらゆる場面で発生するDNAの傷が、どのように修復されるかを統合的に理解することで、DNA修復反応を操作(manipulation)し、様々な医療の場面に応用することを目指しています。

例えば、がん治療における放射線治療やシスプラチン等の化学療法は、DNAを傷つけることによってがん細胞を殺します。つまりここでは、“がん治療時に起こるDNAの傷”がどのように修復されるか、又はされないかを明らかにすることで、がん治療に貢献出来ると考えます。

私たちは、細胞がどのようにして最適なDNA修復経路を選択し、ゲノムを安定に維持しているかを解明しようとしています。また、超高解像度顕微鏡を含めた新しい技術を駆使することで、これまでの技術では見ることが出来なかった“生きた細胞でのDNA修復の可視化”に挑戦しています。さらに、先端医療であるがん免疫治療に対しDNA修復反応がどのような影響を与えるかについて研究を行っています。

生命維持の根幹である「DNA修復」を解明することで、がん治療を含めた様々な医療の発展に繋がることを信じて、私たちは日々研究に励んでいます。


研究テーマ:
1.DNA二本鎖切断修復経路の研究
2.超高解像度顕微鏡によるDNA損傷可視化の研究
3.がん免疫治療に繋がるDNA修復応答シグナルの研究
 
キーワード:
1.DNA修復、DNA二本鎖切断、DNA修復経路選択性、転写共役修復、突然変異、DNA修復操作薬開発
2.蛍光イメージング解析、超高解像度蛍光顕微鏡、3D-SIM、AI画像解析
3.抗PD-1治療、PD-L1発現調節、がん治療前予測、放射線治療、重粒子線治療、化学療法剤、低酸素

新着情報 News!!

●2020.1.21
[NEW!! ]
サンジータさんが学位審査をすべてA評価で通過したので、ラボメンバーでお祝いしました。
サンジータさん、おめでとうございます。
ケーキを食べながら、思い出話や今後の展望について話しました。(Facebookはこちら)


●2020.1.8
[NEW!! ]
年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年は、1)DNA修復経路選択の研究(特に、転写共役型DNA修復と53BP1の動態解析)、2)DNA損傷に伴う統合的免疫応答(特に、PD-L1とHLA発現)を軸に研究を進めていこうと思っています。
また、柴田ラボ忘年会の時の様子をアップしました。(Facebookはこちら)  

●2019.12.11
第42回日本分子生物学会年会 ワークショップにて「多様なDNA損傷応答機構のトランスアクション ーゲノム不安定性の病態解明と治療応用」を、首都大学・廣田耕志先生と柴田が開催しました。(当日は廣田先生がご欠席のため、阿部拓也先生に代理で座長をサポートしていただきました)
本講演をお引き受けいただいた演者の先生方、誠に有難うございました。(Facebookはこちら)

●2019.11.26
日本放射線影響学会 第62回大会ワークショップにて「放射線生命応答の統合的理解に向けたDNA二本鎖切断 修復研究の新展開」を、京都大学・笹沼博之先生と柴田が座長で開催しました。本講演をお引き受けいただいた演者の先生方、誠に有難うございました。(Facebookはこちら)

●2019.11.19
中国の深センで開催された第10回 International Symposium on DNA Damage Response & Human Disease (isDDRHD)に参加し、柴田がシンポジウム講演を行いました。
タイトル「 RAP80 suppresses deleterious repair of double-strand break in transcribed genome
Xavier Xu先生、Zhao-Qi Wang先生、この度はお招きいただき誠に有難うございました。
(Facebookはこちら) 


●2019.10.30
未来先端・国際シンポジウムのご案内 2020年2月3日(月)~4日(火)
柴田が座長を務める「DNA damage response」のセッションでは、Lee Zou, Jessica Downs, 高橋暁子先生、柴田が講演を行います(詳細はこちらをクリック)。


●2019.10.29
日本核酸医薬学会生物セッション第4回サテライトシンポジウム 
~遺伝子修復機構を知り、核酸医薬による新しい創薬モダリティを考える~ に参加し、「 DNA二本鎖切断修復経路の決定メカニズム 」というタイトルで柴田が招待講演を行いました。この度、発表の機会をいただきましたこと、 山吉麻子先生、程久美子先生、小寺淳先生、誠に感謝申し上げます。 (Facebookはこちら) 


●2019.10.17
大学院博士課程4年生、サンジータさんの論文がOncology Reports誌に掲載されました。サンジータさんからの初稿が上がってきたのが2018年7月、別雑誌への初投稿が2019年2月、Oncology Reportsへの初投稿が2019年3月、7月-8月に3回のrebuttal letter送付。大学院生として論文掲載までの大変さが実感できたので良い経験になったかと思います。何はともあれ、おめでとうございます。 (Facebookはこちら)
p53 deficiency augments nucleolar instability after ionizing irradiation
Kakoti et al., Oncology Reports, 2019
http://www.spandidos-publications.com/confirmCorrespondingEmail?transactionId=3078312e36643732356235386637336334703430


●2019.10.8
インドネシア大学・Cipto Mangunkusumo総合病院で行われたIROS Annual Scientific Meetingに招待され、“Pursuing High-Quality Radiobiology & Radiation Oncology in Indonesia: from basics – clinics – publication”において、講演とグループディスカッションを行ってきました。今年から3年間のプログラムで、インドネシア大学の腫瘍放射線講座の研究をサポートします。 (Facebookはこちら)

●2019.10.7
柴田と佐藤浩央先生が中心となり共同執筆した総説がCancer Scienceに掲載されました。DNA損傷後に応答するPD-L1発現調節機構について、最新の知見をまとめた総説です。ぜひご一読ください。
タイトルは「Regulation of programmed death‐ligand 1 expression in response to DNA damage in cancer cells: Implications for precision medicine」
https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1111/cas.14197
 (Facebookはこちら)

●2019.10.2
技術補佐員の小見さんが9月末で柴田ラボを退職いたしました。2013年からはテニュアトラック共通の技術補佐員として、2015年以降は柴田ラボメンバーとして、長きにわたり柴田ラボの研究に貢献していただきました。送別会の様子はFacebookをご覧ください。  (Facebookはこちら)

●2019.10.1
第78回日本癌学会学術総会に参加し、シンポジウム「発がん微小環境におけるDNA修復欠損の役割」において、「Regulation of DSB repair pathway choice and its downstream signaling」 というタイトルで柴田が招待講演を行いました。
この度、シンポジウムにおいて発表の機会をいただきましたこと、畠山 昌則先生、中西 真先生、誠に感謝申し上げます。 (Facebookはこちら)


●2019.9.19
第13回群大Genome Damage Discussion Group公開セミナー・未来先端研究機構公開セミナー(柴田が世話人)を開催し、東京理科大学 生命医科学研究所の櫻井雅之先生に講演していただきました。演題タイトル「ヒト内在性核酸塩基編集酵素によるR-loop制御機構」 (Facebookはこちら)


櫻井ラボのホームページ
https://www.ribs.tus.ac.jp/…/institute/labforres/sakurailab/


●2019.9.9
先日行われた、ラボ納涼会の様子をFacebookにアップしました。 (Facebookはこちら)

●2019.9.2
イギリス・マンチェスターで開催されたICRR 2019(訳:国際放射線研究会議)にて、
演題1「Regulation of DNA damage signalling-dependent PD-L1 expression in cancer cells」
演題2「Regulation of transcription-associated end-joining mediated by MRE11, BRCA1, Polθ and LIG1/3」のそれぞれのタイトルで、柴田が2演題を口頭発表をしてきました。(Facebookはこちら)

●2019.7.31
柴田研究室の共同研究者である長崎大学(山内基弘先生)を訪問し、放射線災害・医科学研究拠点の研究推進に関わる、DNA二本鎖切断修復経路の研究・DNA損傷誘導型免疫制御機構のプロジェクトについてディスカッションを行いました。山内先生、有難うございました。(Facebookはこちら)

●2019.7.5
HPをアップデートしました。(Facebookはこちら)
スライドショーの集合写真、柴田研究室の研究概要が新しくなりました。
※PCサイトで修正が反映されない場合はキーボードのコントロールボタンを押しながらF5ボタンを押して更新してください。 

●2019.7.2
佐藤さん(佐藤浩央先生)が2017年11月にNature Communications発表後、数々の賞を受賞され、柴田研究室のサポートメンバーへ「お礼の会」を開催し、みんなにケーキを振る舞ってくれました。ご馳走さまでした!(Facebookはこちら)

●2019.7.1
柴田ラボが所属する群馬大学・未来先端研究機構のHPが新しくなりました。
群馬大学・未来先端研究機構(メインページ)(各ラボラトリーの紹介

●2019.6.28
東京大学で行われた低線量リスク委員会(日本保健物理学会と日本放射線影響学会の合同委員会)主催ワークショップ「低線量リスクに関するコンセンサスと課題の明確化」に参加しました。Facebookはこちら)

●2019.6.19
Memberをアップデートしました。(Facebookはこちら)

●2019.4.19
群馬県伊香保の温泉地にて行われた、第8回DNA損傷応答ワークショップに参加し、「転写共役型DNA二本鎖切断修復経路の分子機構」というタイトルで発表を行いました。(Facebookはこちら)

●2019.4.18
飯野さんと高島さんが、秘書として柴田ラボのメンバーに加わりました。
一緒に頑張っていきましょう。(Facebookはこちら)

●2019.4.12
3月末に放射線科のボビーさんの送別会を行いました。学位取得おめでとうございます。
また、3年間日本での大学院生生活お疲れ様でした。(Facebookはこちら)


●2019.4.8
秘書の中西さんが3月末で柴田ラボを退職しました。
ラボ立ち上げ時からの多大な貢献、有難うございました。
送別会の様子はFacebookをご覧ください。 (Facebookはこちら)

●2019.4.5
英国雑誌「Impact」に、安原先生と柴田の共同研究成果がインタビュー形式で取り上げられました。世界中の大学、研究機関、政府、民間、等々の関係者に配布される英国の雑誌「Impact」で、昨年Cell誌に掲載された研究内容を中心とした記事になっています。(Facebookはこちら)
https://www.ingentaconnect.com/content/sil/impact/2019/00002019/00000003/art00019?crawler=true&mimetype=application/pdf


●2019.4.4
柴田ラボではポスドク1名を募集しています。
詳細は下記のリンクを参照してください。
平成31年4月1日以降~平成32年3月31日(年度更新)
2019年03月25日 ~ 2019年04月15日 必着
https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail…
*もし4月15日までに書類が間に合わない場合は、直接メールにて柴田にご連絡ください。
Facebookはこちら)

●2019.4.1
柴田の所属が群馬大学・未来先端研究機構に変わりました。
未来先端研究機構は基礎研究に重点をおいた組織です。私たちが行っているDNA修復研究の成果を高いレベルで数多く発信できるよう、これからも尽力していきたいと思います。(Facebookはこちら)


2018年度のNEWSはこちら

2017年度のNEWSはこちら

2016年度のNEWSはこちら

2015年度のNEWSはこちら


2014年度のNEWSはこちら