Home > 2016年度のNEWS

2016年度のNEWS

2017年04月05日(水)11:43 AM
 

2017.3.14
3月23日に蛋白研セミナー “Chromosome dynamics and genome stability in meiosis and mitosis”にて講演をさせていただきます。
ポスターはこちら、Facebookはこちら)

2017.2.22
公益財団法人第一三共生命科学研究振興財団 平成28年度研究助成に採択されました。
Publicationページを更新しました。Facebookはこちら)

2017.2.17
The 7th International Society of Radiation Neurobiology(ISRN)にて、佐藤先生がポスター及び口頭発表を行い、Excellent Presentation Awardを受賞しました。佐藤先生、おめでとうございます!(Facebookはこちら)
演題タイトル「Molecular mechanism of PD-L1 expression induced by X-ray irradiation」


2017.2.8
群馬大学を来訪したProf. Penny Jeggoに、LphD学生を含めた研究会に参加してもらい、DNA修復に関するたくさんのディスカッションを行いました。(Facebookはこちら)

2017.2.6
柴田研究室と共同研究している長崎大学・山内基弘先生の論文がScientific Reports誌に掲載されました。山内さん、おめでとうございます!(Facebookはこちら)
「Regulation of pairing between broken DNA-containing chromatin regions by Ku80, DNA-PKcs, ATM, and 53BP1」
http://www.nature.com/articles/srep41812


2017.2.2
博士研究員の磯野さんが1月末で群馬大学を退職しました。送別会の様子はFacebookをご覧ください。

2017.1.30
「International Symposium on Immune Diversity and Cancer Therapy Kobe 2017」の国際シンポジウム(神戸)にて、柴田がショートトーク(ポスターからの採択)とポスター発表を行いました。
演題タイトル「DNA repair pathway regulates PD-L1 expression in cancer cells」  (Facebookはこちら)

2017.1.30
柴田研究室、ドイツ・Lobrich研究室、イギリス・Jeggo研究室の国際共同研究成果「DNA Double-Strand Break Resection Occurs during Non-homologous End Joining in G1 but Is Distinct from Resection during Homologous Recombination」がMolecular Cell誌に掲載されました。
*柴田がco-corresponding author   (Facebookはこちら)
Mol Cell掲載
http://www.cell.com/molecular-cell/fulltext/S1097-2765(16)30854-1
プレスリリース
http://www.gunma-u.ac.jp/information/23683


2017.1.18
柴田研究室と共同研究している群馬大学・腫瘍放射線科(中野隆史教授)の論文がScientific Reports誌に掲載されました。小林先生、尾池先生、おめでとうございます。(Facebookはこちら
「Mitotic catastrophe is a putative mechanism underlying the weak correlation between sensitivity to carbon ions and cisplatin」
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28091564

2017.1.17
医療NEWS QLifeProに柴田研究室が先日発表したBRCA1に関する論文が取り上げられました。
http://www.qlifepro.com/news/20170113/discover-a-new-function-of-hboc-causative-gene-brca1.html
(Facebookはこちら)

2017.1.16
私たちの重粒子線研究の総説が、放射線生物研究第51巻第4号に掲載されました。
「重粒子線照射に特徴的なDNA 損傷形態の研究」についてまとめていますので、ぜひご一読ください。
http://rbrc.kenkyuukai.jp/information/

2017.1.10
磯野さんの論文「BRCA1 Directs the Repair Pathway to Homologous Recombination by Promoting 53BP1 Dephosphorylation」がCell Reports誌に掲載されました。(Facebookはこちら
http://www.cell.com/cell-reports/fulltext/S2211-1247(16)31747-8
プレスリリース
http://www.med.gunma-u.ac.jp/newsrelease/4230.html

2017.1.5 
長崎大学・山内基弘先生と柴田研究室が共同で行ったDNA二本鎖切断後の染色体転座発生に関わる研究成果がScientific Reports誌にアクセプトされました。
内容については掲載日以降、HPにアップデートします。(Facebookはこちら)

2017.1.5
新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
忘年会の様子をFacebookにアップしました。

2016.12.21
ドイツLobrich研究室、イギリスJeggo研究室、柴田研究室が共同で行ったG1期resectionに関する研究成果がMolecular Cell誌にアクセプトされました。*柴田がco-corresponding author 
内容については掲載日以降、HPにアップデートします。
(Facebookはこちら

2016.12.16
柴田研究室のBRCA1に関する研究成果がCell Reports誌にアクセプトされました。
*内容については掲載日以降、HPにアップデートします。
(Facebookはこちら

2016.12.7
第39回日本分子生物学会年会にて、柴田、新美さん、萩原さんが下記の発表を行いました。
柴田「DNA二本鎖切断修復経路の選択性を担う時空間的制御機構(シンポジウム口頭)」
新美「重粒子線照射により誘発される特異なDNA損傷形状の可視化(ポスター)」
萩原「炭素イオン線誘発DNA二本鎖切断の修復経路選択における線エネルギー付与の効果(ポスター)」
(Facebookはこちら

2016.11.22
The 10th 3R Symposiumにて、磯野さんがBest Poster Award (concurrent division)を受賞しました。(Facebookはこちら

2016.11.22
The 10th 3R Symposiumにて、新美さん、磯野さん、萩原さんが下記の発表を行いました。
新美「Analysis of DNA synthesis during homologous recombination in G2 cells after ionizing irradiation」
磯野「BRCA1 directs the repair pathway to homologous recombination by promoting 53BP1 dephosphorylation」
萩原「The effect of Linear Energy Transfer in DNA double strand break repair pathway choice in G2 cells」

2016.11.17
放射線医学総合研究の第2回放射線がん生物研究セミナーにて「重粒子線特異的なDNA 損傷の可視化と修復経路への影響」というタイトルで発表を行いました。
(Facebookはこちら

2016.11.17
公益財団法人武田科学振興財団 助成金贈呈式に出席してきました。
(Facebookはこちら

2016.11.10
茨城大学大学院理工学部研究科の大学院生への講義(環境放射線特別講義II 「DNA損傷、修復、応答を介したゲノム安定性維持とがん治療への応用」)を行いました。
(Facebookはこちら

2016.11.10
茨城県にある量子科学技術研究開発機構にて、「放射線治療発展に向けたDNA修復研究からのアプローチ」というタイトルでセミナーを行いました。
(Facebookはこちら

2016.11.9
北海道大学にて学部3年生向けに講義を行いました。
また「DNA二本鎖切断修復経路を最適化するための時空間制御システム」というタイトルでセミナーを行いました。
(Facebookはこちら

2016.11.8
11月15日16:00~放射線医学総合研究所にてセミナーを行います。詳しくはこちら

2016.10.31
日本放射線影響学会第59回大会シンポジウム「多彩な細胞応答を制御する DNA 修復研究の最先端」にて、座長を務めました。
(Facebookアップしましたhttps://www.facebook.com/pages/Atsushi-LAB/374216429402940

●2016.10.31
国立遺伝学研究所・研究集会「生物ゲノム安定維持の分子機構」にて、発表をしてきました。
(Facebookアップしましたhttps://www.facebook.com/pages/Atsushi-LAB/374216429402940

●2016.10.17
日本放射線影響学会第59回大会の開会式終了後、同会場にてシンポジウム(S1)
「多彩な細胞応答を制御する DNA 修復研究の最先端」を開催します。皆様ぜひご参加下さい。
2016年10月26日(水)9:00-11:00 A会場(2F 中ホール) 
※大会スケジュール詳細 http://jrrs59.jp/program/1.pdf

●2016.9.12

Facebookにラボ風景の「ラボツアー」をアップしました。
https://www.facebook.com/pages/Atsushi-LAB/374216429402940

●2016.8.23
Facebookにラボ納涼会の様子をアップしました。
https://www.facebook.com/pages/Atsushi-LAB/374216429402940

2016.8.18
公益財団法人武田科学振興財団 2016年度 ビジョナリーリサーチ助成(スタート)に採択されました。
Publicationページを更新しました)

2016.8.5
Facebookに夏季休暇の様子をアップしました。
https://www.facebook.com/pages/Atsushi-LAB/374216429402940

2016.7.15
第6回群大Genome Damage Discussion Group公開セミナーを開催し、量子科学技術研究開発機構の藤井健太郎先生にご講演いただきました。ポスターはこちら
(Facebookアップしましたhttps://www.facebook.com/pages/Atsushi-LAB/374216429402940

2016.7.11
Researchページをアップデートしました。
柴田研究室 Research

2016.7.4
国内学会情報をアップデートしました。
http://shibatalab.com/504

2016.6.20
「重粒子線照射を受けた細胞に生じるDNA損傷の新たな特徴を発見」に関する記事が、6月17日の上毛新聞に掲載されました。プレスリリースはこちら

2016.6.1
第5回群大Genome Damage Discussion Group公開セミナーを開催し、東京大学の安原崇哲先生にご講演いただきました。ポスターはこちら
(Facebookアップしましたhttps://www.facebook.com/pages/Atsushi-LAB/374216429402940

2016.5.23
スペイン・アリカンテで開催されたAbcam Conference “Mechanisms of Recombination”にて、「BRCA1 directs the repair pathway to homologous recombination by promoting 53BP1 dephosphorylation」のポスター発表をしてきました。
(Facebookアップしましたhttps://www.facebook.com/pages/Atsushi-LAB/374216429402940


2016.4.27
新美先生の重粒子線治療に関する研究が、Genes, Chromosomes and Cancer誌に掲載されることになりました。
(Facebookアップしましたhttps://www.facebook.com/pages/Atsushi-LAB/374216429402940

2016.4.15
7月27日(水)、8月8日(月)にオープンラボを開催します。※詳細はこちら


●2016.4.1
磯野さんが柴田研究室のメンバーになりました。

●2016.4.1
お花見をしてきました。
(Facebookアップしましたhttps://www.facebook.com/pages/Atsushi-LAB/374216429402940



«   |   »