Home > Member

Member

柴田淳史(しばた あつし): 研究主宰者

①自己紹介部分写真
学位

医学博士(2006年3月17日)

免許

薬剤師免許(2001年6月21日)

受賞歴

2020年 放射線影響研究  奨励賞(公益財団法人放射線影響協会) 
 2017年  放射線影響学会  奨励賞
2017年 日本放射線影響学会第60回大会 優秀演題発表賞 
2017年 第24回 DNA複製・組換え・修復ワークショップ 若手発表賞
2012年 Poster prize (3 out of ~50 posters); Joint British Association for Cancer Research-Gray Institute in Oxford
 2010年Highly rated poster presentations (top 2-3%); the AACR 101st Annual Meeting

所属学会

日本癌学会、日本分子生物学会、放射線影響学会、放射線生物研究、JASTRO生物部会、日本ホスファターゼ研究会
F1000 Associate Faculty Member
Frontiers in Aging (Editorial Board)

役職

日本放射線影響学会 学術評議員
日本放射線影響学会 広報出版委員
日本放射線腫瘍学会 生物学会幹事

■ my hometown

茨城県

■ my music

大黒摩季先生、Mr.Children

■ my treasure or favorite

家族

■ other

Google Scholar Profile 
Researchmap
Researchgate

略歴
2001年3月 共立薬科大学 
薬学部 薬学科卒業 薬学学士
(現 慶応大学薬学部)
2003年3月 共立薬科大学 
薬学部 大学院修士課程修了 薬学修士
2004年4月 東京医科歯科大学 
日本学術振興会 特別研究員DC1
2006年3月 東京医科歯科大学 
医歯学総合研究科 博士課程修了 学位・医学
2006年4月 東京医科歯科大学 
日本学術振興会 特別研究員PD 
*DC1から移行、客員研究員として英国サセックス大学に勤務 Prof. Penny A. Jeggo研究室
2007年4月 英国サセックス大学 Genome Damage and Stability Centre
博士研究員 Jeggo研究室
2012年10月 英国サセックス大学 Genome Damage and Stability Centre 
日本学術振興会 海外特別研究員  Jeggo研究室
2013年3月

群馬大学
先端科学研究指導者育成ユニット 
テニュアトラックYA助教 (研究主宰者)

2017年4月

群馬大学 
大学院医学系研究科・大学院教育研究支援センター(ERSC)
研究講師 (研究主宰者)

2018年4月~
現在

京都大学放射線生物研究センター 核酸修復部門
客員准教授

2019年4月~
現在
群馬大学 未来端研究機構
内分泌代謝・シグナル学研究部門、シグナル伝達研究プログラム  
准教授 (研究主宰者)
https://www.giar.gunma-u.ac.jp/
2019年10月~
現在
群馬大学 
ウイルスベクター開発研究センター

内原脩貴(うちはら ゆうき): 博士研究員

■ my hometown

大阪府

■ my music

Mrs. GREEN APPLE、Superfly

■ my treasure or favorite

家族、映画

■ Research Project

– 53BP1による正確なDNA修復規定機構の解明
– DNA損傷シグナル依存的な免疫応答制御の解明

■ Expertise and Skills

– DSB修復とシグナル伝達
– 3D-SIM超高解像度画像解析

Google Scholar Profile

Researchmap
業績一覧

飯野浩子(いいの ひろこ): 秘書

■ my hometown

群馬県

■ my music

Le Velvets

■ my treasure or favorite

花文字、ミュージカル鑑賞

■ Job Description

大学事務対応、発注、予算管理

高島奈穂(たかしま なほ): 秘書

■ my hometown

群馬県

■ my music

Just the way you are

■ my treasure or favorite

家族、海外ドラマ

■ Job Description

出張書類、研究費関連補助

林洋子(はやし ようこ): 技術補佐員

■ my hometown

群馬県

■ my music

miwa 「360°」

■ my treasure or favorite

家族 ・ 園芸

■ Job Description

ベクター作成スペシャリスト

⑤林さん1-2

関口康代(せきぐち やすよ): 技術補佐員

■ my hometown

群馬県

■ my music

Il Divo、Wayra JaponAndes

■ my treasure or favorite

Star Trek、Do It Yourself

■ Job Description

ラボマネージャー、ラボの管理・試薬作成全般、培養細胞、ウエスタンブロット、PCR

柴田晃子(しばた あきこ):技術補佐員(重粒子センター)

■ my hometown

群馬県

■ my music

星野源

■ my treasure or favorite

家族、睡眠

■ Job Description

細胞培養(ノックダウン)、蛍光免疫染色、ウエスタンブロット、PCR、HP作成

Wenchao Gu : 大学院生(放射線診断核医学)

■ my hometown

Shanghai 

■ my music

Back number

■ my treasure or favorite

Family, Soccer and Science

■ Research Project

– Immune response after DNA damage

共同研究者

■ 学外共同研究者

安原崇哲 (Massachusetts General Hospital Cancer Center、東京大学・大学院医学系研究科附属疾患生命工学センター)

Lee Zou(Massachusetts General Hospital Cancer Center、USA)

宮川清(東京大学・大学院医学系研究科附属疾患生命工学センター)

加藤玲於奈(東京大学・大学院医学系研究科附属疾患生命工学センター)


山内基弘(長崎大学・原爆後障害医療研究所)


Penny A. Jeggo(University of Sussex、UK)

Jessica Downs(The Institute of Cancer Research、UK )

Siddhartha Laskar(Tata Memorial Hospital、India)

■ 学内共同研究者

大野達也(群馬大学・腫瘍放射線学教室)

尾池貴洋(群馬大学・腫瘍放射線学教室)

佐藤浩央(群馬大学・重粒子線医学研究センター)

過去のメンバー

関根崚太(せきね りょうた):群馬大学 医学部 学生(~2015)

磯野真由(いその まゆ):博士研究員(~2017.1)

■Publications in SHIBATA Lab
  1. Isono M et al., Cell Reports, 2017. First author
  2. Sato H et al., Nature Communications, 2017, Co-author
  3. Nakajima NI et al., Oncology Reports, 2017, Co-author
  4. Kobayashi D et al., Scientific Reports, 2017, Co-author
  5. Amornwichet N et al., Scientific Reports, 2015, Co-author

Mayang Permata:群馬大学 大学院生(博士号取得)(~2018.10)

■Publications in SHIBATA Lab
  1. Permata M et al., Oncogene, 2019, First author
  2. Hagiwara Y et al., Human Immunology, 2018 Co-author
  3. Sato H, et al., Nature Communications, 2017, Co-author

萩原慶彦(はぎわら よしひこ):大学院生(~2019.3)

■Publications in SHIBATA Lab
  1. Takaaki Y et al., Cell, 2018, Co-author
  2. Hagiwara et al., JRR, 2018 First author
  3. Nuryadi E#,  Sasaki Y#, Hagiwara Y# et al., Oncotarget, 2018 First author
  4. Hagiwara Y et al., Human Immunology, 2018 First author
  5. Sato H et al., Nature Communications, 2017, Co-author
  6. Hagiwara Y et al., Oncotaret, 2017 First author
  7. Isono M et al., Cell Reports, 2017, Co-author
  8. Kobayashi D et al., Scientific Reports, 2017, Co-author
  9. Nakajima NI#, Hagiwara Y#, et al., PLOS ONE, 2015
    #Co-first author

中西志保(なかにし しほ):秘書(~2019.3)

小見佳美(おみ よしみ):技術補佐員(~2019.9)

Sangeeta Kakoti :群馬大学 大学院生(博士号取得)(~2020.3)

■Publications in SHIBATA Lab
  1. Kakoti S et al., Oncology Reports, 2019, First author
  2. Darwis NDM et al., International Journal of Molecular Sciences, 2019 Co-author
  3. Sato H, et al., Nature Communications, 2017, Co-author

吉松幸彦(よしまつ ゆきひこ):群馬大学 医学部 学生(~2020.3)

佐藤格(さとう いたる):群馬大学 医学部 学生(~2020.3)